不眠を解決する薬

medicine

アモバンによる不眠治療

アモバンは睡眠薬としてよく知られた広く使用されているメジャーな薬です。 寝つきを良くするため、脳の神経をしずめて、不安や緊張感をほぐし、気分をリラックスさせて安眠できるようにしてくれます。他の睡眠薬と比べ、比較的安全性が高く副作用が起こりにくく、短期時間での効き目があるため、まずこのアモバンのみを試してから、不眠治療に当たることが多いです。作用時間が短期であることのメリットは、翌朝に薬が残っていてまだ頭がボンヤリとする、体がふら付くなどがないことで、アモバンはその点で優れてます。しかし、副作用が起こりにくいだけで、人によっては、朦朧とする、頭痛がする、短期作用による早朝覚醒などがあるので、適時アモバンと他の薬と組み合わせて使うのが良いと考えられます。

睡眠薬と上手に付き合っていく

アモバンには、様々なメリットがありますが、服用の最大の欠点は、とにかく苦いこと、それも苦味が持続していると、のどの渇きも続くことです。長期に渡って飲用してるとある程度は慣れてきますが、完全にはなくならないので注意が必要です。特に、朝食時まで苦味が残っている場合、甘いものを食べても味がかき消されます。対策のトレンドは牛乳を一杯飲む、コーヒーを飲んで苦味を口に慣れさせる、などありますが根本的には苦味はどうやっても消えないので、苦味を感じることが睡眠のスイッチにすることに切り替えていくのが、前向きだと思われます。一番の解決策は、不眠の原因を取り除ければよいのですが、アモバンなどの睡眠薬を頼りながら、地道に長期的に解決を目指すことが重要になります。 不眠は病気なのです。