快適な睡眠の世界へ

medicine

睡眠薬を快適に利用する方法

睡眠薬は寝つきを良くしたり深い眠りにつくために使用される薬です。 不眠となる原因にはストレスなど様々なことが考えられますが、一口に不眠症といってもタイプは様々あります。そのため、睡眠薬もその人の症状に合わせて処方されます。 現在睡眠薬は多くの種類がありますが、医療機関で処方されるものは大きく分けて超短時間型、短時間型、中時間型、長時間型の4種類があります。 超短時間型や短時間型は短時間で効果が出るタイプで寝つきの悪い場合に処方されます。中時間型や長時間型は寝ている途中に何回も目が覚めてしまう人や、目が覚めると眠れなくなってしまう人に処方されます。 医療機関で睡眠薬を希望する場合は、きちんと症状を伝えて自分の眠りに合うタイプのものを処方してもらうことが大事です。

平均的な費用について

不眠はうつ病や自律神経失調症などの精神的ストレスなどが原因となる病気でよく現れる症状の一つです。そのため、睡眠薬と同時に病気そのものを改善する薬と一緒に処方されるケースが非常に多くなっています。 医療機関で処方される睡眠薬は種類によって値段は異なりますが、健康保険が適用となるのでさほど大きな金額にはなりません。また、種類によってはジェネリック医薬品が出ているものもあるため、ジェネリック医薬品を選択すればより安く費用を抑えることができます。 睡眠薬の費用としては1錠20円程度から高くても100円ほどとなっています。通常は14日分か30日分で処方され、保険を使用すると合計金額の1割や3割負担で済みます。