依存性が少ない

medicine

近々の不眠症治療について

近年の不眠症治療は飛躍的な進歩を遂げ、従来行われてきた「精神科医」また「心療内科医」による精神療法や、その他の療法だけでは改善することができない領域の多くを投薬によって改善しております。現在数多くの不眠症治療薬が存在し、その効能は様々有り、患者の状態症状に応じて使い分けができるようになっている。そのうち「アモバン」という薬剤は短期的な一時的な不眠に使用されることが多く、依存性もありません。アモバンは比較的口にしやすい薬剤と言えますが、健忘性も確認されているため、服用には注意が必要となります。また不眠薬中において最速での発効が確認されているため、夜間帯での勤務中や運転中の服用は特に厳禁となります。

アモバンを服用する手順

基本的には「精神科医」「心療内科医」の診療を受けることが基本となります。他の診療科においてもアモバンが処方されることは多くありますが、アモバンが精神科領域の薬剤であると考えると、精神科医、特に専門的知識を有する精神保健指定医などの診療を受けて、処方されることが望ましいです。発効時間は最短でありますが、効能については弱いタイプの薬剤であるため、服用方法から逸脱して大量服薬となってしまうケースもあり、服用方法をきちんと遵守する必要があります。また近年の厚生労働省により、精神科領域の薬剤の多剤投与を抑制する制度もできており、アモバンを含む不眠症薬も対象となっているため、使用の際は特に注意を要します。